話題にのって!ポケモントレーナーになってみた

夏休みに入った息子。夏休みを狙ったかのように配信された「ポケモンGO」。それはそれは、息子がやりたいとせがんだものです。

なんといっても、主人がドンピシャの初代ポケモン世代。止めても主人もノリノリで聞きません。主人のスマホでアプリを落とし、夜に家族でポケモンを探しに散歩に出かけることが続いています。もちろん私も初代ポケモン世代。アプリで飛び出してくるポケモンは、ターゲットが私たちのように、すべて初代ポケモン!これには私も少し興奮するではないですか。もちろん息子より、初代ポケモンは主人と私の方が詳しいのです。

田舎なので、家の周りは草むらや田んぼであふれています。そこで出るわ出るわ、コラッタとポッポ。「ポケモンの森か!」というくらいに草ポケモンもうじゃうじゃ生息しています。なんと家の隣の施設がポケモンジムに指定されていました。しかし、私たちはまだ始めたばかり。レベル5になるまで、しばらくジムはお預けです。

息子とジェネレーションギャップだったのは、キャタピーをピンときていないこと。それにしても、世代を超えて認知度が高いイーブイはすごいですね。事故なくポケモンGOを夏休み楽しもうと思います。